DSC00069
















5月19日午前零時。
正午には麻酔開始なので 12時間前の今から絶食。
呼吸音はゴロゴロブクブク、咳も相変わらず、
エビゾーと遊んでも咳き込む今のアキの唯一の楽しみは 食事!
ごめんね。我慢しよう。一緒にがまんするから。

エビゾー達にも夜食は我慢してもらう。
朝はアキに見つからないよう別室でこっそり食べさせる。

3時間前の9時からは絶飲。水も隠す。
10時半を過ぎた。さあ、行くか!

キャミック=Companion  Animal  Medical  Imaging  Center
つまり  
伴侶としての動物(companion animal)と暮らす人に
MRIやCTといった画像診断(medical imaging)を提供する施設、
だそうな。

11時40分、白とブルーに黄色がアクセントの明るくて近代的な待合室に入って行くと こっちが何も言わないのに
「アキちゃんですね!どうぞ」
こんな暖かい対応が、麻酔や深刻な病気に怯えてる飼い主にはちょっと嬉しい。

主治医からの資料を渡し、問診票に細かく記入。
アキは検査準備・診察のため早々にキャリーバッグごと連れて行かれる。
(アキ〜〜〜〜 絶対に 絶対に、生きて帰って来いよ〜〜〜〜〜)

所在なく待つこと30分、カンファレンスルームに呼ばれ担当獣医師から事細かな問診。
検査の詳細、麻酔について、予想される料金など丁寧に説明してくれる。
納得いくまで質問にも答えてくれる。獣医師は穏やかで聡明&大変礼儀正しい!
(こ、これは 人間の医者以上だ!)

麻酔は
アトロピンの注射→プロポフォールで導入→イソフルランで維持

プロポフォールって、マイケル・ジャクソンが使ってた麻酔薬では…

そして 同意書に署名して、いよいよ麻酔が始まる。

DSC00985

















飼い主は銀行へ。一応 8万円おろしておこう。
長期戦に備え近くのファミレスで食事。大して食べたくもないが…

まずい!まず過ぎる! でも食べる。

15時、キャミックに戻る。検査は無事終わっているとのこと。
覚醒に少し時間がかかっているという。

美人の看護士さんが検査室から出て来て
「アキちゃんって 膝に乗るのが好きなんですね。」
いや〜あんまり好きじゃないと思いますが……なんでですか?
「私の膝にすぐ乗りたがってたんですよ〜〜」
アキの奴め! ったく、若いキレイな人(男女問わず)好きなんだから!

担当医に呼ばれ、結果を聴く。
腫瘍は無かった!これは嬉しいことだけど……
左肺前葉があまり働いてない。そこの気管支はあちこち粘液(痰?)が詰まってる所があり、肺動脈と肺静脈も細〜くなっているらしい。気管支の末梢部もあちこちこの粘液栓があって、そのため気管支が蛇行したりしている。

CTはすごい。螺旋状に撮影してるから、あらゆる方向から気になる箇所の様子が見られる!
断面をちょっとずつ上や下にずらして見られるのも、身体の中がとても具体的に解る。
いやはや、恐れ入りました!

あの凄く大きな呼吸音と 苦しそうな咳は こういうわけだったのか!

DSC00954
















随分 つらかったんだね。


予定より遅れること1時間と少し、16時過ぎに検査室のドアが開き
キャリーバッグに入ったアキがこっちを向いて出て来た。
目が合うと 鳴けないアキの目は まさに「口ほどにモノを言う」状態。
アキ、無事麻酔より生還。ほんとにほんとに お疲れ様でした。

帰りの車の中で。
「ニャ〜オ〜 ニャ〜オ〜」 大声でアキが鳴いた!
怖かったよー 苦しかったよー と言いたい気持ちが声を出させたのか。
こっちも泣きたい!もう いじらしくて かわいくて かわいそうで…

DSC01089





































翌日、画像やら結果の書いてある書類などを届けに東京猫医療センターへ。
アキはお疲れなのでお留守番。

一定期間 薬の量をドンと増やすことに。
ステロイド、抗生剤、気管支拡張剤。「頑張れますか?」と先生。
頑張るしか無い!必ず、嫌われても呑ませたるわい!

そして朝晩 一人が押え役、一人が呑ませ役の まさに結婚式のケーキカット以来の「夫婦の共同作業」が。薬を2〜3個づつ口に放り込み、注射器で水を流し込む。
嫌がるけど、こっちも背水の陣だもんね!

案の定 嫌われる。二人揃ってると逃げるようになる。

2日目。まさに「劇的」に良くなった!
咳は格段に減り、呼吸音は静かになる。胸に耳を着けて聴いても心音しか聞こえない!
先生に感謝の報告メールを。すぐに返信があり先生も喜んでくれた。

良くなっても油断は禁物。戻ってしまうこともあるという。
約2週間毎に通院し、だんだんに薬を減らし、
幸にも再発はまだ無い。

DSC00999

















7月15日、薬はほんのちょっとになった。
全快までもう少しかな?半年以上かかった。
よく頑張ったね、アキも私も夫も。

去年、猫好きの間で人気だったドラマ「猫侍」の高橋ひとみのセリフを思い出した。
「ネコちゃんは 家族!」

鶴瓶さんじゃないけど 家族に乾杯!
(まったく、私のガラじゃ無いですなー)

家族として伴侶として、出来るかぎり最良のことをする。
これが愛情と責任ってもんじゃないか?と思う。

(正直、フトコロはホントに痛かったけど)
DSC01100
















今は天下泰平のアキ ↑ ちょっとヤキモチ妬くエビゾーさん ↓

DSC01106
















ふんっ!アキばっかチヤホヤされやがって……



Add Comments

このブログにコメントするにはログインが必要です。

連絡先
  メールでのお問い合わせはこちら

ギャラリー
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 秋。しっかりしなくては。
  • 三回忌
  • 三回忌
  • 三回忌
カテゴリー
  • ライブドアブログ